ラブホって何歳から入れるの?年齢制限や女子会の場合などをご紹介!

高校生カップル

「ラブホは何歳から入店できるの?」
「ラブホって年齢制限あるの?」
「女子会の場合は?」
などの疑問をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか。

特に思春期を迎える高校生カップルや19歳くらいの方はラブホに行っていいのかそわそわしてしまいますよね。
ドラマや漫画などの描写で、高校生がラブホに入店するシーンを見たことがあるという方も少なくないと思います。

しかし、実際に18歳未満はラブホに入店しても大丈夫なのでしょうか?
今回は、ラブホの年齢制限、女子会での利用、未成年が利用した場合について解説していきます。

ラブホに年齢制限がある?

18歳未満禁止のイラスト
「ラブホに年齢制限はあるの?」という疑問についてですが、結論から言うと、答えは「YES」です。
ラブホの利用に関しては、風営法で18歳未満の立ち入りは禁止とされています。

「ラブホの利用」ではなく、「ラブホの敷地内の立ち入りを禁止」しているので、ルールとしてはとても厳しい内容です。
ラブホの利用規約を見るとわかる通り、「未成年の利用は固くお断りしています」と記載されています。
さらに、各自治体で「青少年育成条例」として18歳未満の利用は禁止されています。

明らかに学生に見えたり、18歳未満に見える場合には、チェックインの際にフロントで年齢確認をされるでしょう。

もし18歳未満がラブホを使ったらどうなる?

警察官に注意される女子高生
それでは、もし18歳未満の方がラブホを使ってしまった場合はどうなるのでしょうか?

ラブホには、廊下やフロントに監視カメラが設置されています。
そのため、ラブホ側が18歳未満の利用を確認した場合に、警察へ連絡をします。
その結果、補導の対象となり、お互いの保護者へ連絡がいってしまいます。

ラブホを利用したことで、お互いの両親に連絡がいくくらいなら、18歳未満での利用は諦めた方が賢明でしょう。
また、「自分は18歳未満だが、パートナーが成人しているのでラブホに行った」という場合、成人しているパートナーが「淫行条例違反」として罰せられる可能性があります。
淫行条例違反は、18歳未満の方との淫行。または、18歳未満をラブホに連れ込むなどの行為を行った際に適用されます。

パートナーが成人しているからと言って、自分自身が18歳未満であれば、ラブホに立ち入るのは非常に危険です。
やはり、年齢制限は守るに越したことはないでしょう。

18歳未満をラブホに連れ込みニュースとなった事例


実際に成人者が18歳未満をラブホに連れ込んで逮捕された事例は数多くあります。
こちらでは、成人者が18歳未満をラブホに連れ込み逮捕されたケースを2つ紹介いたします。

17歳の女子高生をラブホに連れ込み逮捕

SNSを通して知り合った17歳の女子高生を2度ラブホに連れ込み、現金を渡していかがわしい行為をしたとして、2021年1月に57歳の男性が逮捕されました。
男性は2019年の12月と2020年の1月に17歳の女子高生に、それぞれ現金2万1000円を渡した上で、いかがわしい行為を行っておりました。
逮捕された男性は、売春行為を認めた上で、「18歳だとは思わなかった」と容疑を一部否認していたようです。

未成年者をラブホに連れ込み活動自粛

某ジャニーズメンバーが2017年11月に男性友人4人女性5人を集めて、ラブホで飲み会を開催。
その際に女性2人は未成年であるのにも関わらず、ラブホ飲み会に参加していたようです。
こちらのニュースに関しては、肉体関係はないのもの未成年と知りながらラブホ飲み会に参加させていたことで自覚と責任が欠如しているという判断から、一定期間芸能活動を自粛しておりました。

上記のニュースは、売春や飲酒なども絡んでいますが、いずれも18歳未満をラブホに連れ込んだということでは共通しております。
肉体関係の有無に関わらず、ラブホに18歳未満を連れ込むという行為は社会的地位を失ったり、最悪の場合は逮捕される可能性があります。男女同意の上でラブホを利用するにしても、男女共に18歳以上であることを確認した上でラブホへ入店しましょう。

ラブホ側が未成年と知っていながら入店を許可した場合

もしラブホ側が、18歳未満と知っていながら、18歳未満の者を入店させた場合は、ラブホ側が風営法違反となります。
そのため、18歳未満の者に対してや保護者側が罰則を受けるのではなく、ラブホ側が罰則を受けることとなります。

18歳未満を入店させるのは、大変なリスクが伴うため、ラブホ側も18歳未満の入店は厳しい目で見ています。
仮に18歳未満でラブホに入店しようとしたとしても、ラブホ側からチェックインの際に「身分証明書」の提示を求められる可能性が高いでしょう。

ラブホと普通のホテルの違いは?

歌舞伎町のラブホ街
ラブホとビジネスホテルなどの普通のホテルの違いは、まず外観や内装などの見た目が異なります。
ラブホには、煌びやかな看板や照明があるのに対して、普通のホテルにはそのような装飾がありません。
そして大きく異なるポイントとして、営業方針が挙げられます。

ラブホ:風営法によって営業している
普通のホテル:旅館業法によって営業している

この点が、ラブホと普通のホテルの違うところです。
とは言っても、普通のホテルもラブホと同様に18歳未満の宿泊を禁止していることが多いです。
そのため、「高校生同士」の宿泊は難しいのが事実です。

18歳未満でもラブホ女子会はOK?

ラブホ女子会
近年のラブホは、カップル同士の利用だけではなく、女子同士の女子会のために利用するケースも少なくありません。
現在多くのラブホでは「女子会プラン」を設けており、インスタグラムでも女子会を楽しむ投稿が見受けられるようになりました。
性的な目的ではないわけだし、18歳未満でも女子同士ならラブホを利用しても良いのでは?と疑問に思う方もいると思います。

しかし、女子同士でも年齢制限によってラブホの利用は禁止されています。
また、女子会の相手が成人していたとしても、自分自身が18歳未満である以上はラブホの利用はできません。

18歳になったからと言ってラブホを利用できるわけではない

とぼけた女の子
「18歳になればラブホを使える!」と思っている方は案外少なくないことでしょう。

しかし、それは間違っています。
18歳になったとしても、高校に在学中である場合は、法律や条例に抵触する可能性があるため、ラブホの利用はできません。

例えば、受験や部活動の合宿などの事情でホテルを探す場合も、年齢制限があるためラブホの利用はできません。
その場合は、保護者の同意書があれば宿泊可能としているビジネスホテルを利用しましょう。

さいごに

本記事では、ラブホの年齢制限、女子会での利用、未成年がラブホを利用した場合について解説しました。
18歳未満というのは、性的なことに関心を持つ傾向にあるため、「ラブホに行ってみたい」と思うこともあるでしょう。

しかし、ラブホには年齢制限があり、18歳未満が利用する場合は、想像以上に法律が絡んでくる可能性が高いです。

仮に入店できたとして、その事実が学校にバレれば退学処分や停学処分ということも十分に考えられます。
「ラブホに行きたい」という興味は分かりますが、成人を迎えてから堂々と行く方が思う存分楽しめるはずです。

今は、その時までグッと堪えて、その時を待ちましょう。

18歳以上の方はこちらもぜひご覧ください♪

関連記事

  1. 家時間におススメ!【ゲーム実況YouTuber】

  2. スマートフォンでクラブハウスを操作

    話題のSNS「Clubhouse(クラブハウス)」とは?

  3. ベッドにいるカップル

    「マグロ女」の意味・由来とは?マグロ女の特徴や原因、トビウオ女になる方法も

  4. 【withコロナ】2021年のバレンタインはどうする?SNS映えがポイントに?

  5. 【東京都内】一人暮らしをする女性におすすめ・穴場のエリア5選

  6. 超短期間で確実に痩せたい!!IUダイエットのやり方

  7. セクシーな女性

    サイコパスな女性はモテる?特徴や向いている仕事など|心理テスト付

  8. ラブホ女子会をする女性たち

    ラブホ女子会って?女子会におすすめの新宿のラブホもご紹介!

  9. タワーマンションに住む女性

    見晴らしの良い高層階で女性の一人暮らし!メリットやデメリットは!?

ホスト特集

  1. イケメン風の男性
  2. シャンパンタワー
  3. イケメンイメージ
  4. ホストのイメージ

人気ランキング

  1. 海に浸かるスタイルの良い金髪女性
  2. 高校生カップル
  3. キスをするイケメンと美女
  4. セクシーな女性
  5. シャンパンのボトルとグラス
  6. 海辺に座る女性2人
  7. 金銀銅のイラスト
  8. ヨガをする女性
PAGE TOP